ヨットって帆船のことじゃないの?船の様々な呼び名

 「ヨット」というとセール(帆)のついた船を思い浮かべる方も多くいらっしゃるかと思いますが、実は海外では帆船ではなく、豪華で居住空間を備えた比較的大型の遊びやレジャーに使う船のことを指します。海外で言う「Yacht」は日本で言う「クルーザー」のイメージに近いのかもしれません。

 有名なクルーザーのビルダーであるイタリアの「AZIMUT YACHTS」やイギリスの「PRINCESS YACHTS」など各社が「Yacht」として自社の船を紹介している点からも、海外ではエンジンと豪華な居住空間を備えた遊びやレジャーに使用される船が「Yacht」と認識されていることが分かりますね。

 では、帆船のことは海外では何と呼んでいるのかというと、「Sailing yacht」や「Sailing boat」と呼ばれています。

 「Yacht」というと、海外ではこのような船のことを指します。

 全長が24m以上のYachtのことを「Super yacht」と呼んだり、更に大きくなっていくと「Mega yacht」、「Giga yacht」と呼びます。

日本では、「クルーザー」というとこんな船をイメージされる方が多いのではないかと思います。

 「ヨット」といえば、この帆のある船のことを思い浮かべる方が多いですが、海外では「Sailing boat」と呼ばれます。大型の帆のある船になっていくと「Sailing yacht」、「Sailing ship」と呼び名が変わっていきます。

 

 国交省の資料を見ると、セールの無い船は小さい方から「小型モーターボート」、「大型モーターボート」と記載されていて、セールのある船は小さい方から「ディンギーヨット」、「クルーザーヨット」と記載されています。

クルーザーヨット CY 帆を主な推進機関とし、船室を有している船
ディンギーヨット DY 帆を主な推進機関とし、船室がない船
大型モーターボート MB大 エンジンを推進機関とし、艇の長さが 7.5m(25 フィート)以上の船
小型モーターボート MB小 エンジンを推進機関とし、艇の長さが 7.5m(25 フィート)未満の船

平成 30 年度プレジャーボート全国実態調査結果概要

 日本でいう「クルーザー」≒海外でいう「Yacht」は、国交省のいう「大型モーターボート」の中でも特に大型のものと言えるでしょう。

どうして日本では帆船のことを「ヨット」と呼ぶのか?

 もともと海外でもヨットといえば帆がある船のことだったようです。オランダで海賊を追うために作られた高速帆船が「jaght」というそうで、それがヨット(yacht)の語源のようです。

 ですので、「ヨット」と聞いて帆船をイメージするのは間違いではありません。いつからか「Yacht」と聞くと大型の豪華な遊びで使うエンジンを搭載した船がイメージされるように変わっていったのです。

 それはなぜかと言うと、「jaght」が1660年にオランダからイギリスの王室へと寄贈され「Yacht」と名前が定められました。Yachtはイギリス王室の軍用ではない豪華な船のことを指すことになります。これが現代の軍用でも商用でもない豪華な遊びで使う船のことを指すようになってきたのではないか、と考えられます。

どうして日本では豪華で居住空間を備えた遊びやレジャーで使う船のことを「クルーザー」と呼ぶのか?

 海外ではYachtと呼ばれるのに、なぜ日本では「クルーザー」と呼ばれているのでしょうか。

 「Cruiser」は巡洋船などあまり速いスピードでは進まない乗り物のイメージがあります。船以外にもトヨタのランドクルーザーやFJクルーザーという車もありますし、ビーチクルーザーと呼ばれる自転車もありますし、スケートボードのことをクルーザーといいますし、アメリカンバイクのことをクルーザーといったりもします。いずれもスピードを売りにしている商品では無いイメージです。「Cabin cruiser」というと、AZIMUT80のようなYachtのイメージに近いのかもしれません。

 居住空間とエンジンを備えた豪華な遊びで使う船が「Yacht」として日本に入ってきたときには既に日本では「ヨット」というとセールのある船のイメージが定着していたので、それと区別するためにCabin cruiserからCruiserを取って「クルーザー」と呼ぶようになったのか。分からないですがこういった予想もできます。

 ところで、「Ship」や「Boat」はどんな船を指すの?と思った方もいらっしゃるかと思います。

 「Ship」は大型の船ですが「Yacht」との違いは、商用船かどうかという点になります。大きな旅客船や貨物船は「Ship」と呼ばれています。

 「Boat」というと、「Yacht」よりもサイズの小さい船のことを指します。Yachtと違い「Boat」はFireboat(消防艇)やLifeboat(救命艇)、Fishing boat(漁船)など遊びやレジャーで使われる船だけでなく、働く船、商用・軍事用の船のことも指します。

 Chillaxing Yacht Clubが取扱う主な船は「ヨット」でなく「Yacht」です。近年Yachtはどんどん大型化が進み、全長100mを超えるヘリポートやプール・トレーニングジムが備えられているものまであります。憧れますね。日本のマリーナにも続々と大型ヨット用のバース・桟橋が作られてきています。最近では横須賀のシティマリーナヴェラシスに大型のバースが作られましたし、湘南サニーサイドマリーナにも大型のバースが作られました。

 Chillaxing Yacht Clubでは様々なサイズやグレードのYachtを取り扱っていき、理想のYachtでのラグジュアリーな体験を多くの方にお届けしたいと想っています。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP